肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法

サイトメニュー

施術方法や費用を考察

顔に触れる女性

肌を綺麗にする為に

ほくろを除去する場合、保険適用の治療と保険適用外の治療方法があります。保険が使える場合は3割負担程で済むので、治療費が安くなる傾向にありますが、実際は個人差があると言えます。ほくろの除去治療を病院で受ける場合、皮膚科などに受診する事になります。実は全てが保険対象ではなく、いくつかの基準が設けられています。1つはメラノーマという癌の場合は保険対象になります。もう1つはメラノーマ以外で出血が激しく大きいタイプや、除去後に臨床検査に出す目的の場合です。これらの理由が必要であり、大半が良性であるので対象外になる事も多いです。基本的に医師の判断に委ねられていると言えます。費用は3割負担で5千円から1万円程が相場になっており、これには初診料や検査料なども含みます。保険が効かない場合も皮膚科で治療が受けられますが、綺麗に取り除きたい場合は美容整形外科が適しています。美容整形外科は見た目の改善を目的としている病院なので、ほくろの除去だけではなくその後の見た目も含めて考察し、治療を行ってもらえます。保険適用外の治療になるので高額になると考えられていますが、実は保険適用の場合より少額で済む場合も多いです。美容整形外科クリニック毎に費用は異なりますが、明らかに良性で小さいのなら千円程で済む場合もあります。また一般的な病院で保険を適用する場合は、その治療費は定められていますが、美容整形外科クリニックは自由診療なのでキャンペーンなどを実施する事が許されています。保険を使えた方が安くなるという事は一概に言えないのです。ほくろの治療方法はいくつかありますが、周囲の肌に負担なく取り除ける手法として炭酸ガスレーザーがあります。保険適用で皮膚科でも受けられる事もありますが、それは医師の裁量次第になるので該当しない場合も多いです。また技術力によって術後跡に差がでますので、普段からレーザーの取り扱いに慣れているかも確認を要します。美容整形外科クリニックでの治療では、基本的にレーザー治療が主流であり普段からほくろ以外でも扱っているので技術力の心配はさほどないのが特徴です。ほくろを綺麗に除去したい場合は炭酸ガスレーザーによる治療方法が適しています。メスを使用しなくてレーザーを照射し、熱を与える方法になります。このレーザーの特徴はピンポイントでほくろのみを治療する事ができる点です。レーザーは通常の肌には反応せず、黒い色に反応して熱を与えます。レーザーで焼くというものではないので、周囲の肌を傷つけずに治療跡も綺麗に回復します。ほくろはコンプレックスの原因になりますが、除去したとしても手術跡が残っては元も子もありません。綺麗に取り除きたい方には適した選択肢と言えます。炭酸ガスレーザー治療が選ばれているのは、綺麗に取り除けるだけではありません。美容業界では常に新しい治療方法や機器が研究・開発されており、炭酸ガスレーザー以外の機器も存在します。炭酸ガスレーザーはそれらの機器と比較すると古いタイプになります。それでも効果は抜群であり、旧式であるからという点で安く施術を受けられる事も多いです。この機器は美容業界ではポピュラーなものなので、どのクリニックでも設置しています。以前から使用されていたという事で、クリニックの医師も扱いに慣れているという点も、安心できる要素と言えます。

看護師

種類と代表的な除去方法

ほくろには境界母斑と複合母斑、真皮内母斑の3種類があります。ほくろ除去するときは、再発を防ぐために母斑細胞の深さに合わせて処置方法を選ぶのが賢明です。除去方法の一つ、炭酸ガスレーザーは、境界母斑に向いています。

顔に触れる女性

施術の注意点を把握する

美容整形でほくろ除去をする場合は、施術前に肌を安定させる工夫が必要です。施術後はアフターケアを徹底することが肌状態をよくして、ほくろの再発を防いでくれます。除去しないと解決しないほくろのコンプレックスは、医療機関で解決してください。

ボディ

医療機関で変わります

ほくろ除去の申し込み方法は受診する医療機関によって異なります。値段設定なども変わりますので事前にネットや電話で確認することをお勧めします。また、ほくろにも種類があり、形状やサイズによって治療方法も異なりますので慎重に治療方法を選びましょう。

Copyright© 2018 肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法 All Rights Reserved.