肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法

サイトメニュー

医療機関で変わります

ボディ

皮膚科と美容整形外科

ほくろ除去を希望する際、受診する病院の種類によって手順は異なります。ほくろ除去を取り扱っているのは皮膚科や美容整形外科が一般的です。皮膚科の場合は予約なしでも診察可能のところもありますが、美容整形外科は予約制のところがほとんどです。受診を検討している病院がすでにある人はホームページなどをチェックして確認しましょう。また、美容整形外科の場合は事前にカウンセリングの予約をし、そのあとで治療に入るケースが多いです。流れなどは病院によっても変わりますので、治療を完了したい期限などがある場合は電話で病院に直接確認をとるほうがよいでしょう。カウンセリングではほくろの種類や、治療可能なものかの診断を行ないます。ほくろにも細かく分類された種類があり、その種類によって治療方法が変わります。ほくろに見えていぼだったり、悪性の腫瘍だったりすることもあるため、カウンセリングは慎重に行わなければなりません。治療方法はほくろの細胞を切除し、縫合する切除縫合術、レーザー治療、くりぬき法などがあります。切除縫合術とくり抜き法はメスを使う外科手術です。メスを入れることに不安がある人は、レーザー治療がおすすめです。レーザー治療にも種類があり、ほくろの種類によって使い分けられますが、レーザー治療に向いてないほくろもあります。どの治療方法でほくろを除去するかは、カウンセリングで本人の意思を尊重しつつ決めていくことになります。治療にかかる費用はほくろの大きさや深さなどで変動しますので、受診してみないとわからない部分が多いです。予算が決まっている場合もカウンセリングで伝え、注意事項説明を受けて問題がなければ治療に入っていく流れになります。ほくろ除去治療を初めて受ける場合、治療方法を慎重に選ぶことをおすすめします。ほくろの状態にもよりますが、根が深く皮膚から盛り上がっているタイプのものは、一度に除去してしまうとへこんだような痕が残ってしまう場合があります。複数回に分けて切除を行なうか、痕が残らないレーザー治療を行なうのが安心です。レーザー治療には盛り上がったほくろの細胞を少しずつ削る炭酸ガスレーザー治療と、ほくろの色素を薄くするQスイッチレーザー治療などがあります。炭酸ガスレーザーはほくろの組織を蒸発させるもので、盛り上がっている形状のほくろ除去治療に用いられます。ほくろ部分の細胞を少しずつレーザーで削り取り、色素部分が消えるまで複数に分けて行います。傷痕が短時間で消えるので、リスクの少ない治療として人気です。平坦なほくろの場合はQスイッチレーザーで色素を抜いていき、目立たなくするのが効果的です。こちらも傷痕は長くは残らないため、人気の治療方法です。レーザー治療の場合は治療費は自費になりますので、予算が決まっている人は注意が必要です。ほくろのサイズによって金額が変わるため、値段が気になる場合はカウンセリングの段階で確認することをおすすめします。また、治療を終えた後には肌が赤く湿疹のようになる場合があります。そのため、アフターケア用に塗り薬などの外用薬を処方されることもあります。指示通りにケアを行なっても炎症が取れない場合、放置すると痕が残るケースもありますので、そのときは早めに担当医に相談しましょう。

Copyright© 2018 肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法 All Rights Reserved.