施術の注意点を把握する|肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法

肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法

サイトメニュー

施術の注意点を把握する

顔に触れる女性

アフターケアの大切さとは

ほくろ除去施術を受けたあとは、アフターケアをしっかりと行って肌を安定させる必要があります。施術後に放置しておくと肌が炎症を起こしたり、色素沈着が発生したりします。また患部が膨らんできて再施術が必要になることもあるので、術後はアフターケアを欠かせないようにしてください。テーピングで保護をすることで経過が安定するので、面倒だとサボらないようにします。アフターケアが不十分だとほくろが再発して、再び除去が必要になったりします。紫外線対策をして肌を守ることも大切なので、日傘や帽子で防ぐようにしてください。日焼け止めクリームは低刺激タイプが好ましく、敏感肌に対応したものは安全性が高いです。ほくろ除去施術後は肌が敏感になっているので、小さな刺激から再発につながることがあります。施術後に軟膏や経口薬を処方された場合は、医師の指導に従って活用してください。自己判断で対処すると再発リスクが高くなるので、完治したように見えても医師がOKを出すまではケアが必要です。治療方法によってアフターケアの方法が異なってくるので、アドバイスの内容をメモしておくのがいいです。メラニン色素は皮膚が薄い状態ほど分泌が盛んになるので、ほくろ除去施術をした部位は一時的に黒ずみが発生しやすいです。施術前は肌を安定させておくのが好ましいため、紫外線は浴びない工夫が必要となります。正常肌に整えておくのが好ましいため、洗顔をしっかりと行って毛穴の汚れをすっきりと除去して肌を安定させてください。肌のターンオーバーを整えるためには、睡眠の質も向上させていく必要があります。小さなほくろはチャームポイントになる場合もありますが、盛り上がっている状態は多くの方がコンプレックスを感じます。またサイズが小さくても数が多いと目立ってしまい、特に色白の方は気になることでしょう。ほくろは悪性の可能性もあるので、気になる方は美容整形で検査を受けてみるのがよいです。良性であってもコンプレックスに感じているなら、早めに除去したほうが心身を安定させる上でもよいです。施術前にはカウンセリング・診察を行って治療方法を模索していきます。一般的に炭酸ガスレーザーを使用しますが、ほくろの状況により除去方法を変えていきます。施術前には麻酔注射をしますが、極細針を使用することが多いので痛みは意外なほど弱いです。レーザーによるほくろ除去はスピーディーに処理でき、5〜10分程度で完了することが多いです。施術後は薬を塗布してからテーピングをして安定させますが、このアフターケアは1週間くらいかかります。肌が安定してきたらテーピングを外しますが、まだ元の肌状態には戻っていない状態です。肌免疫が低い状態のためメラニン色素の分泌が活発になりやすく、肌が黒くなりやすいです。そこで美白用の治療薬を使用して、肌の黒ずみを予防していきます。アフターケアをしっかりと行わないと、今後の肌質に影響してくるので注意してください。美容整形施術の完了はアフターケアが終了するまでと考えて、気長にケアすることが大切です。自己判断でケアをやめることが原因で、肌が不安定になるケースは少なくありません。紫外線やストレスなどもなるべく与えないようにし、プルプル肌を維持するように工夫しましょう。

Copyright© 2018 肌にできるほくろは手術で除去!肌に負担なく取り除ける手法 All Rights Reserved.